3 人の科学者がノート PC に向かい、監査の指摘事項を確認している様子

GMP 監査の警告対象となる
リスクを軽減する

優れた SOP を作成する方法

驚くべきことに、FDA の GMP 査察所見では、手順が文書化されていない(または文書化された手順に従っていない)問題が最も多く警告の対象となっています。*

これを受けてアジレントは、医薬品専門家による、簡潔で読みやすい SOP を作成する方法についての実用的なアドバイスをまとめた電子書籍を発表しました。この電子書籍をダウンロードすると、以下について学べます。

  • コンプライアンスのニーズを満たしつつ、役立つ SOP を作成する方法。
  • 適切でわかりやすい SOP の特徴。
  • 一貫性を維持するためのヒントとコツ。
  • SOP をテストする理由およびテストの方法。

*2017 年に発表された FDA 査察所見の概要より

新しい Agilent Cary 3500 UV-Vis 分光光度計をご紹介

以下の画像から、さまざまなアプリケーションに最適な本製品の特徴をインタラクティブにご覧いただけます。Cary 3500 UV-Vis 分光光度計の GMP コンプライアンスに役立つ機能を詳しくご紹介します。

ソフトウェア
Cary 3500 UV-Vis
ALCOA+ データインテグリティの向上
21 CFR Part 11 要件への準拠
各国の薬局方への準拠
同時測定によるばらつきの排除
シンプルなプロトコルによるリスクの低減
Cary 3500 による信頼性の向上
ALCOA+ データインテグリティの向上
21 CFR Part 11 要件への準拠
各国の薬局方への準拠
同時測定によるばらつきの排除
シンプルなプロトコルによるリスクの低減
Cary 3500 による信頼性の向上

UV-Vis 機器を最大限に活用するためのリソースをご用意

お客様基本情報

* これは入力必須項目です。

購入計画











お客様情報の取り扱いに関する全詳細は、プライバシーポリシーをご覧ください: www.agilent.com/home/privacy-policy